Shopify(ショッピファイ)の使用料金まとめ。決済手数料や月額の利用料金、入金サイクルをチェックしよう。

他のECカート利用時とのコストパフォーマンスを比較

Shopify(ショッピファイ)の使用料金まとめ。決済手数料や月額の利用料金、入金サイクルをチェックしよう。

01/17/2020

こんにちは、研究員のおかもとです。

今回は、Shopifyの使用料金に関して解説していきます。

独自のエコシステムを搭載し、機能面で高い評価を得ているShopifyですが、本当にコストパフォーマンスが高いと言えるのでしょうか?

本記事では、Shopifyのコストパフォーマンスについて、BaseやStore.jpといった他ASPカートと比較し・調査しました。

Shopifyの基本的な機能や概要は、以下にて説明しておりますので、ご興味がある方はチェックしてみてください。

あわせて読みたい:Shopify(ショッピファイ)とは?機能やメリット、使い方までを解説

 

Shopifyの基本料金

Shopifyは構築時の初期費用がかからず、月額の料金は他のASPカートと比較すると割安となっており、これからECサイトを始めるユーザーにとって利用しやすいサービスとなっています。

月額の利用料金は、以下とおりです。

Shopify決済手数料_Shopifyペイメント.pngShopifyの月額利用料金

上記と購入時の決済手数料の合計が、サイト運営者がShopifyに支払う月額料金となります。

決済手数料は以下。(Shopifyの公式決済機能であるShopify ペイメント利用時)

Shopifyペイメント料金表-1

 (例)ベーシックプランを導入した場合

ユーザーがAMEXなどの海外クレジットカードで決済をした場合、購買価格の3.9%を手数料としてShopifyに支払う必要があります。

また、決済の設定時にShopifyペイメントではなく、それ以外の決済サービスを選択した場合、別途2%の購買手数料がかかります。

 

※補足※ Shopifyペイメントとは

Shopify ペイメントとは、Shopifyが提供している決済サービスです。

決済手数料が他の決済手法に比べて安く、Apple payやGoogle pay、PayPalやamazon payとの連携が可能です。

関連リンク:https://www.shopify.com/payment

ShopifyペイメントTOP

 

その他決済関連に関して

振り込み手数料0円(Shopify ペイメント利用時)

入金サイクル:翌週の金曜日(最短5日)

 

その他ECカートとの比較

決済手数料

ECサイトがECカートに支払う料金について比較をしてみましょう。
今回は、ECサイトを立ち上げる際に比較検討されやすいBASEとSTORES.jpを調査の対象としています。

■Shopify(ベーシックプラン)
月額費用:29USD(約3,200円)
決済手数料:3.4%

■BASE
月額費用:0円
決済手数料:3.6%+3%(サービス利用料)+40円

■STORES.jp(スタンダードプラン)
月額費用:1,980円
決済手数料:3.6%

 

月額費用がかからないBASEは当初に最も低コストでサイトを立ち上げることが出来ますが、決済手数料が決済手数料:3.6%+3%+40円と割高となっています。

Shopifyは決済手数料が3.4%と最も安く、売上が上がれば上がるほど低コストになっていきます。本格的にECサイトを運営したいのであればShopifyがおすすめといえるでしょう。

※補足※
上記ではそれぞれのプラットフォームの最も一般的と想定されるプランで比較していますが、搭載している機能についても大きく違いがあります。

例えば、Shopifyでは、公式のテンプレートが100種類以上用意されている(非公式を含めると1,000種類を超えます)ており、Base・Store.jpに比べて多様なデザインのサイトを構築できます。

また、Baseの無料プランでは自社ECサイト上に必ずBASEのロゴを入れなければならないなど、機能面にも違いがあることを認識しておく必要があります。

振込手数料

振り込み手数料は、Shopify上での売上金を自分の銀行口座に振り込む際の手数料のことを指します。それぞれの手数料は以下のとおりです。

■Shopify0円(Shopify ペイメント利用時)

■BASE:
振込金額が2万円以上の場合:250円
振込金額が2万円未満の場合:750円

■STOES.jp:250円

銀行振り込み自体は頻繁にあるわけではありませんが、できれば低く抑えたいもの。Shopifyは振り込み手数料が0円と他のカートに比べてお得です。

 

入金サイクルについて

Shopify:翌週の金曜日(最短5営業日)

STORES.jp:月末締め、翌月末払い

Base:振込申請から10営業日


入金サイクルが早ければ早いほどキャッシュフローを健全に回せるため、最短5営業日で入金されるShopifyを好むEC事業者は少なくありません。

 

Shopifyのコストパフォーマンスは、他のカートに比べて高い

いかがでしたでしょうか。

入金サイクルの早さや決済手数料の安さなどの強みがあるShopify。

月額費用:29USD(約3,200円)を支払う必要があるものの、世界でも有数のアプリやテーマの提供数を誇っており、幅広いカスタマイズができます。

上記の理由から、Shopifyのコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

決済や入出金について考慮した際に、ShopifyはECサイトを本格的かつ長期的に運営するにあたって現在最も優れたECプラットフォームの一つといえるでしょう。

shopifyにご興味を持った方は、2週間無料で体験利用できますので、是非ECサイトを作成してみてはいかがでしょうか。

 

Shopifyを無料体験してみる

 

 


Shopify
シェア シェア
お役立ち資料バナー-1
Kisukeバナー_grey-1
Shogo Okamoto

お問合せ


「週刊EC業界ニュース」に登録しませんか?

 

週刊EC業界ニュースのメーリングリストにご登録いただくと、
トランスコスモス技術研究所(通称「トラ研」)メンバーによる国内外のEC業界の最新動向に関するブログや、特別イベントの情報等について、
定期的にお送りさせていただきます。ぜひ、ご登録ください!
logo_RGB_ver2_researchanddevelopment-3